« How much | トップページ | Greece Restaurant »

2010.06.11

Revenge

本日も外人局にてVISAの手続きをしに訪問。
ただ訪問しても門前払いを食らいそうなので、
ドイツ語の話せる事務員の方に電話しておいてもらった。

「予約は一杯ですが、本日来てください」と
いうところまで、こぎつけていた。

さらに。
本日一緒に訪問したうちの会社のY氏が通訳の方を連れてきた。
ドイツ人で英語も話せるおねーちゃんである。
これは心強い。

英語も通じず、ドイツ語でしか相手にしてもらえないため、
ドイツ語を話せない我々としては
戦場に行くのに今まで素手で戦おうとしていたわけだ。

だが、今回は違う。
完全武装し、防弾チョッキにマシンガンを両手に持っている気分である。
後ろに用心棒が控えているのだ。負ける気はしない。

「さあ、出て来い、木の実ナナ」

戦場となる外人局に訪問。
英語で受付の方に話をする。

「今日は窓口は閉まってますよ」

さっそくながら、のけぞりそうになった。
もろに営業中の時間である。閉まる訳がない。
自分で埋めた地雷を自分で踏んだのかと思った。

ふふ、始まったな。こいつら。
今日来てくださいということにもなっているのに
窓口は閉まってるだ?よくこんなことを言えるもんだ。

さっそく我々の秘密兵器、「用心棒」の出番である。
ドイツ語でマシンガンをぶっ放してくれたところ、
こっちの待合室で待ってくれとのこと。

ほんと、同じ内容を聞いているのに英語とドイツ語で
答えが違うのはどういうことだ。

で、待つのはいいが、いつまでたっても呼ばれない。
窓口に人の気配も特にない。
窓口のドアをノックし、開けて中に入ろうとすると、
カギがかかってる。

これ、誰もいないのに待つって何を待つんだ?
もう30分くらいは待っている。

用心棒もこれはおかしいと感じ始めているようだ。
用心棒が外人局のホットラインに電話をしてくれた。
やはり今日は閉まっているようで、
待っても意味がないそうである。

この待合室で待ってくれという発想はどこから?
帰りに見ると受付のおばさんは別の人になっていた。
さっきのおばさんは、きっと早く帰りたかったんだろう。


■リベンジの結果
 担当者不在、窓口閉鎖のためVISAが取得できず。

VISA取得が目的としては「完敗」


まじでもう勘弁してくれよ・・・
なんで今日来いとか言ったんだろう。


完全武装で用心棒までいたにもかかわらず、
戦場では、「本日は平和記念日」ということで
一方的に休戦状態になっていたわけだ。

この空回りに今後どうすればいいか?


1、VISAが切れる問題
→南アフリカ出張中にVISAが切れる。(6/16でVISA終了)
 しかし、いったんEU圏外に出るため観光VISAで3ヶ月滞在可能。

2、VISAの更新手続きは今後どうすればいいか?
→用心棒が外人局と直接やりとりをしてくれる。
 今後、どう対応すればいいかを連絡してくれる。

Berlinの外人局には心底うんざりさせられる。

|

« How much | トップページ | Greece Restaurant »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61353/48598452

この記事へのトラックバック一覧です: Revenge:

« How much | トップページ | Greece Restaurant »