« 衝撃 in Berlin | トップページ | English Only!! »

2009.06.29

苦情

先日の夜のことだ。
自宅でDVD「火垂るの墓」を見ていた。

すると部屋の「ジーッ!」という
無機質な呼び出し音が。

ん?誰か夜中に来たのだろうか?
でも時間は0時を回っている。

まあ、呼び出しの間違いだろうと放っておいた。
すると今度は部屋のドアをノックする音が聞こえた。

部屋の入り口には名前入りの表札も出している。
明らかに間違いではないようだ。

そっと外を魚眼レンズから覗くと
30代後半くらい?の金髪女性が立っている。

刺されるとかそういうものも心配だったので
それなりに対応できるよう身構えてドアを開けた。

何か英語で話している。

要は、
「騒音がうるさい。」

との内容。

こっちはDVD見てるだけで意味がわからない。
PCで再生していたので出ている音量も大したことはないはず。

「何がうるさいのか?今はうるさいのか?」

ドアを開ける前にPCのボリュームはOFFにしてある。

「今もうるさい。聞こえるでしょ?」
「何も聞こえないよ。」

「じゃあ、聞いてみろよ」
「OK、じゃあ聞いてみる」

その人はボクの真下の階の人だった。
部屋に上がらせてもらい、耳を澄ます。

ブーン・・・(めっちゃ小さい振動音みたいな感じ)

・・・これだけで騒音か?
ブーン、キュルキュルッとか音を出している 
ぼくの部屋の冷蔵庫のほうが大きい騒音のレベルだ。

「この音が気になって寝れない
 なにか電源を入れているのか?」

「パソコンだけだ。テレビもないしコンポもないよ。
 じゃあ、パソコンの電源を切ってくるから、待っててくれ。
 確認する。」

と伝えて、部屋に戻り、PCの電源を切った。
再び、下の階の部屋にいく。

・・・

何も聞こえなくなった。

「ノイズがなくなった。PCはどこにおいてるんだ?」

「椅子の上においている」

「やわらかい物の上に置いてたらいいよ。
 夜遅くに文句を言ってすまないね。」

「こっちも騒音に気づかず申し訳ない。」


和解。

「また騒音がうるさかったら言いに行くよ」

「わかった。今後気をつける」


とのことで、トラブル終了。
ちょっとした雑談をして部屋に帰った。


日本だったら女一人で別の部屋の男に
夜中0時を回って苦情を言いに行くことは
まず、ないよなー。
よっぽどの騒音ならともかく、パソコンのDVDが
回転している音で苦情とは。

まだ今のアパートに入居して1ヶ月経ってないのに・・・

アグレッシブ。
肉食系女子ってやつか?

|

« 衝撃 in Berlin | トップページ | English Only!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61353/45485403

この記事へのトラックバック一覧です: 苦情:

« 衝撃 in Berlin | トップページ | English Only!! »